財務省は戦々恐々…矢野官房長に囁かれる“次のセクハラ”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年4月25日 9時26分

アノ人で本当に大丈夫なのか――。 事務次官、国税庁長官と次官級ポストの辞任が相次ぎガタガタの財務省内で、新たな不安の声が広がっている。その理由が驚きだ。福田次官の後任として「次官代行」に就く矢野康治官房長の人事である。しかも「セクハラ言動が飛び出すのではないか」というから穏やかじゃない。 矢野官房長といえば18日の衆院予算委で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング