茂木経済再生相は亡国の閣僚 米国抜き「TPP11」驚愕の実態

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年5月23日 9時26分

米国を除く11カ国が署名した「TPP11」(環太平洋パートナーシップ協定)の承認案について、先週与党は自然成立させられる日程を計算したうえで、急いで衆院を通過させた。 これに反発して、野党が茂木敏充経済再生担当相の不信任決議案を提出。22日午後の衆院本会議で与党の反対多数で否決されたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング