神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年6月19日 9時26分

市民をバカにした行為だ。勤務時間中、上司の目を盗み、弁当を注文するため「中抜け」を繰り返していたとして、神戸市水道局の男性職員(64)が15日、減給処分を受けた。 職員は昨年9月~今年3月にかけ、勤務時間中の午前11時30~40分の間に職場から約100メートル離れた、往復約3分の洋食屋に出かけ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング