人材難は深刻…Jリーグが外国人GKに席巻されている現実

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年7月21日 9時26分

ロシアW杯の大きな特徴に「セットプレーによるゴール数が増えた」ことが挙げられる。決勝までの全64試合で169点。 その中でセットプレーからのゴールは73点(総得点の43%)と過去最多を記録したのだ。 このセットプレーからのゴールの増加は、今大会から正式に導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の影響が大きい。これまで審判団が見抜けなかったファールをVARは容赦なく暴き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング