高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年8月16日 9時26分

1年前の「築地は守る」の約束はどこ吹く風だ。小池都知事が東京五輪に向け、豊洲市場移転と築地市場解体を急いでいる。すでに農水省に豊洲市場の開場認可を申請。大マスコミは「9月13日予定の開場記念式典までに認可が下りる見通し」と解説するが、そうは問屋が卸さない。 「どうも農水省は認可に難色を示しているようなのです。豊洲市場全体の使い勝手の悪さは少しも改善されず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング