国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年8月18日 15時3分

「日本政府は即刻対応しなければならない」――。国連人権理事会に各国の人権状況などを報告する特別報告者が16日、東京電力福島第1原発事故の除染作業員ら数万人が被ばくの危険にさらされている、として「深刻なリスク」を懸念する声明を発表した。 声明では〈作業員には外国人労働者やホームレスが含まれているとの情報がある〉とし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング