大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米OP決勝で逆上した真相

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年9月15日 9時26分

コラム【スポーツ時々放談】 女子は20歳の大坂なおみが36歳のセリーナ・ウィリアムズを粉砕し、男子はジョコビッチがウィンブルドンに続く優勝で、フェデラー、ナダルの2強時代に終止符を打った――今年最後の4大大会、全米オープンテニスはパワーバランスの崩壊を告げて閉幕した。 酷かったのが女子決勝だ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング