写真

大谷はソーシア監督ら首脳陣の方針に反発(C)共同通信社

エンゼルス・大谷翔平(24)が、日本の医師にセカンドオピニオンを求めたいという。 米経済誌「フォーブス」(電子版)は16日(日本時間17日)、大谷が球団に「手術を決める前に(日本ハムのチームドクターである)同愛記念病院の土屋正光名誉院長の診察を受けたい」と申し入れたと報じた。記事によれば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング