“塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退の危機

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年9月19日 9時26分

「犬死に」となってしまうのか。 日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫の光男副会長(70)からのパワハラ被害を訴えたリオ五輪女子代表の宮川紗江(19)。指導を受ける速見佑斗コーチ(34)が暴力行為による無期限の登録抹消処分となり、専任コーチ不在の状態が続いている。 現在は埼玉県内の施設で練習しているものの、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング