ボクシング村田が防衛失敗で…ゴロフキン戦“白紙”の大誤算

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年10月22日 12時0分

赤く腫れあがった両目が「完敗」を物語った。 日本時間21日、米ラスベガスのパークシアターで行われたボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチで、王者の村田諒太(32=帝拳)が挑戦者で同級3位のロブ・ブラント(28=米国)に0―3の判定負け。3人のジャッジにいずれも8ポイント以上の大差をつけられ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング