「黄昏流星群」は低調も…中山美穂“大物の意地”見せるか

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年10月23日 9時26分

下馬評が高かったドラマ「黄昏流星群」だが、初回視聴率は7.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第2話も7.3%と低空飛行が続いている。その原因のひとつはヒロイン、中山美穂(48)への不評。 ジャニーズWESTの藤井流星演じる娘の婚約者と禁断の恋に落ちる母親役なのだが、SNS上では「イケメン弁護士が思いを寄せるほどの“魔性の女”には見えない」という意見がもっぱらなのだ。 「ジャニーズの藤井流星との濃厚なラブシーンがあると予測されるため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング