時速280キロ “浪速の暴走狼”を直撃すると「暇やったから」

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年11月8日 9時26分

日産自動車の「GT―R」で自動車専用道路を時速280キロで走行したとして、大阪市城東区の自称投資家、川西智弘容疑者(35)が5日、大阪府警城東署に道交法違反(速度超過)の疑いで書類送検された。 川西容疑者は1月12日午前4時10分ごろ、東大阪市の自動車専用道路「第2阪奈道路」を法定速度の時速60キロを220キロ上回る280キロで運転し、その様子をユーチューブに投稿。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング