今年4度目の休場…横綱白鵬は東京五輪まで現役でいられるのか

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年11月9日 12時0分

やはり、出場はかなわなかった。 8日、横綱白鵬(33)が11月場所(11日初日)の休場を発表した。10月に右ヒザと右足首を手術しており、師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)は「まだ四股を踏める状態じゃない」と現状を説明した。 途中休場を含めれば、今年は6場所中4場所で休場。皆勤したのは5月と優勝した先場所だけだった。 過去、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング