マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との蜜月

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年11月10日 15時0分

顧客約6800人、負債総額約2400億円――。マルチ商法まがいの手口で、磁石を埋め込んだ健康グッズの預託商法を全国展開していた「ジャパンライフ」(東京)による消費者被害をめぐる捜査が本格化の様相だ。 1975年に設立されたジャパンライフは昨年12月に経営破綻し、今年3月に東京地裁が破産手続きの開始を決定。その間、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング