写真

適時三塁打を放った源田(C)日刊ゲンダイ

4年ぶりに行われた日米野球は15日、日本代表が勝利。全6試合を5勝1敗で勝ち越し、優勝賞金4000万円を獲得した。1勝につき1000万円の賞金を合わせた賞金総額は9000万円。これを選手、裏方らで分け合う。 去る5日に福岡に集合した侍戦士は、台湾との壮行試合を皮切りに計7試合を戦った。11日間の拘束となった今回の日米野球のギャラは一体いくらか。複数の関係者によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング