写真

交渉後、会見に臨む炭谷(C)日刊ゲンダイ

早くもメロメロだ。巨人が16日、海外FA権を行使した西武・炭谷銀仁朗捕手(31)と都内のホテルで初交渉を行った。巨人は出来高を含め、 3年総額6億円を提示したとみられる。 原監督は同席しなかったが、約1時間の交渉の中で大塚副代表兼編成担当を通じ、「優勝するために扇の要である炭谷君がどうしても欲しい」とのメッセージを送った。炭谷は「熱い気持ちを伝えていただいた。これから考えるが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング