日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年12月11日 9時26分

早速、日ロ交渉における日本側の“手腕”が試されている。 ロシアのラブロフ外相が7日、記者会見で「(日ロ)平和条約を締結するということは、第2次世界大戦の結果を認めるということだ。これこそが不可欠な第一歩であり、これがなければ何も議論できない」と強調。要するにロシアは、北方領土が第2次大戦以降、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング