渡辺主筆が5カ月ぶり姿 原監督「殿堂入り祝い」の主役奪う

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年12月11日 12時0分

読売新聞グループ本社代表取締役の渡辺恒雄主筆(92)が10日、都内のホテルで行われた巨人の原辰徳監督(60)の殿堂入りを祝うパーティーに出席。約5カ月ぶりに公の場に姿を現した。 渡辺主筆は8月中旬に自宅で転倒し、頚椎の一部を骨折。入院生活を送っていた。11月になってメディアの間とネット上で死亡説が流れ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング