試練はこれから…16歳・紀平梨花を待つ体重管理と身体の変化

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年12月12日 9時26分

すっかり時の人となった。 グランプリ(GP)ファイナルに初出場で初優勝を果たした紀平梨花(16)。シニア1年目の大会制覇は2005年の浅田真央以来13年ぶりの快挙だ。現在、女子でトリプルアクセル(3A)を跳べる日本選手は紀平だけ。3Aは真央の代名詞だったこともあり、周囲は「真央の再来」とかまびすしい。 紀平と真央は「境遇」も似ている。紀平は今年1月の全日本選手権で3位に入るも、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング