パワハラ“無罪” 塚原夫妻復権で加速するスポーツ界の退化

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年12月12日 12時0分

この“判決”がどう出るか。 リオ五輪体操女子代表の宮川紗江(19)が塚原光男副会長(70)と妻の千恵子女子強化本部長(71)によるパワハラ被害を告発した問題は10日、日本体操協会が第三者委員会の調査結果を報告。夫妻によるパワハラを認定せず、2人の職務復帰が決まった。 レスリングの栄和人前日本協会強化本部長から火がついたスポーツ界のパワハラ問題。今月7日には厚生労働省がセクハラやパワハラについて「許されない行為」と法律に明記する方針を固めたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング