中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年12月17日 12時33分

事実上の強奪といっていい。 阪神が元中日の助っ人左腕のオネルキ・ガルシア(29)を獲得することが確実になった。条件は大筋で合意しており、中日が残留交渉で提示していた2年4億円を上回る複数年契約を提示しているとみられる。 キューバ出身のガルシアは来日1年目の今季、13勝9敗、防御率2.99と活躍。先発左腕が補強ポイントだった阪神が調査を進めていた。 だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング