安藤サクラは朝ドラも好調 ブス役も武器にする演技の凄み

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年12月18日 9時26分

カンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した「万引き家族」(是枝裕和監督)で、審査委員長がその“泣き”の演技を絶賛した安藤サクラ(32)。ほかにも「愛のむきだし」や「百円の恋」など、出演した映画それぞれで抜群の演技力と存在感を発揮し続け、今や押しも押されもせぬ若手トップの演技派女優である。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング