写真

プーチン政権はカンカン(C)ロイター

安倍首相のムキ出しの“やっている感”に、ロシアのプーチン政権が激怒だ。日本の駐ロ大使が、ロシア外務省に呼び出され、猛抗議を食らった。怒りの導火線は、北方領土交渉を巡る4日の安倍首相の年頭会見など。夏の参院選に向け、「交渉前進」で人気取りを狙うはずが、いきなり自滅。“外交のアベ”が聞いてあきれるマヌケぶりだ。 9日に上月豊久・駐ロ大使をロシア外務省に呼び出したのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング