個人データでビジネス 設立続々「情報銀行」に潜むリスク

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年1月17日 9時26分

「情報銀行」――。パーソナルデータを活用した新たなビジネスの商機を見いだすため、大手をはじめ多くの企業が情報銀行の設立に動きだしている。情報銀行は個人から情報の提供を受けて管理し、その情報を必要とする企業に本人の同意を得て販売する仲介ビジネスだ。情報を提供した個人は、その対価としておカネやサービスを受け取る。 総務省と経済産業省との官民一体で進められ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング