引退後の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年1月18日 9時26分

「引退」の2文字がどれほど重いものか、本人にしかわからぬ心境があったのだろう。 横綱稀勢の里(32)が16日、引退会見を行った。 「私の……土俵人生において一片の悔いもありません」 と話すも涙をこらえきれず、時折、言葉に詰まる場面もあって、会見場は悲愴感に包まれた。 ■早くも物件探し 2017年1月場所を初優勝で飾って横綱に昇進し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング