父より人気…勸玄は“海老蔵の息子”から一人前の役者になった

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年1月22日 9時26分

正月は東京で4劇場、大阪も含めて5劇場で歌舞伎公演がある。最近の歌舞伎は新作が多いが、正月は落ち着いている。 国立劇場は尾上菊五郎劇団の「姫路城音菊礎石」。飽きさせないが、とりたてて新鮮味はない。偉大なるマンネリで、これが大事なのだ。 初日を待たずして全日完売となったのが、新橋演舞場での市川海老蔵の座頭公演。劇場の客席数が違うので単純に比較はできないが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング