ソロ弾直後“発症”…阪神藤浪「死球グセ」いまだ払拭できず

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年2月12日 12時1分

「またか!?」 試合を見ていた誰もがそう思ったことだろう。 藤浪は11日の紅白戦が初の実戦マウンド。初回はドラフト1位の近本(大阪ガス)に左前打と二盗を許すも無得点に抑えたが、二回に「持病」が出た。 1死から板山に右中間へソロ弾を許し、これに動揺したのか、続く長坂へのカットボールが左肩付近に当たった。さらに2死後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング