写真

多くのプロ野球選手を輩出している日本文理高校だが(右は父母会の会長から送られたメール)(C)日刊ゲンダイ

夏の甲子園大会出場9回、2009年には準優勝した名門野球部で、窃盗事件のもみ消し疑惑が浮上した。 新潟県の日本文理高等学校野球部員の金銭紛失が頻繁に起こるようになったのは17年10月ごろから。昨年12月まで複数の部員が被害に遭い部室や野球部寮から総額20万~30万円が消えたという。 ■部員の保護者を集め 学校や野球部の監督が事件を把握したのは昨年6月。部員のひとりが学校へ被害を報告したことがきっかけだった。直後に鈴木崇監督が部員を集め被害状況を確認したところ複数の者が金銭がなくなったことを認めた。「問題はその後です」と、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング