写真

大瀬良(右端)や一岡(同2人目)はポジション「内定済み」だが…(C)日刊ゲンダイ

4度目の正直に向けて本腰を入れている。 リーグ3連覇を果たすも、いずれも日本一を逃してきた広島。昨季も投手力の脆弱さが見え隠れし、535与四球はリーグワーストだった。 投手のアラを打力でカバーしてきたが、昨オフには丸が巨人へFA移籍。リーグトップだった出塁率(.468)、四球(130)のほか、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング