初招聘FW鎌田大地は森保J“大迫依存”脱却の切り札になるか

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年3月19日 9時26分

【代表欧州組直撃行脚】 準優勝に終わった1月のアジア杯・UAE大会で最大の問題といわれたのが「大迫勇也(ブレーメンFW)依存症」だ。森保一監督は打開策を探るべく、今季ベルギー1部で12得点の新鋭FW鎌田大地(シントトロイデン=STVV)を初招聘した。「チャンスが来れば得点する自信がある」と言い切る点取り屋が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング