JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年3月19日 9時26分

ついにハシゴを外された。 東京五輪招致に関する贈賄疑惑で、フランス司法当局から捜査対象となっている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が辞意を固めた。19日にもJOC理事会で進退に言及するという。 振り返れば、苦しい2カ月間だった。 昨年12月にフランス予審判事から事情聴取を受けると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング