北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年3月20日 9時26分

【日本人が知らない北方領土問題の真実】(2) 最近の日露平和条約交渉で、ロシアのラブロフ外相は全く遠慮せずに「第2次世界大戦の結果を認めることが、今後の日露交渉の絶対条件だ」と繰り返し訴えている。北方領土は第2次大戦の結果、ロシア領となり、国際的にも認められている、との見解だ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング