大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年3月21日 9時26分

横浜中華街、神戸・南京町、長崎新地中華街に続き、国内4つ目となる“大阪中華街”構想が進められている。 計画されている候補地は、日雇い労働者の街として知られる大阪市西成区のあいりん地区。大阪メトロ御堂筋線の動物園前駅の東西500メートル、南北600メートルのエリアだ。大阪中華街構想を立ち上げたのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング