代表初加入の鎌田とレギュラーFW大迫との差は“デュエル”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年3月21日 9時26分

【代表欧州組直撃行脚】(8) 今季ベルギーリーグのプレーオフ1(上位6チームが参戦)を懸けて17日にゲントと対戦したシントトロイデンは、0―2で敗れて6強入りがかなわなかったが、2トップの一角を占めた日本代表FW鎌田大地は積極的に得点を狙い続け、攻撃の起点になるなど精力的にこなしていた。昨夏のロシアW杯の再戦として注目される22日のキリンチャレンジ杯コロンビア戦(横浜)では、レギュラーFW大迫勇也(ブレーメン)の代役を務める可能性が高まっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング