専門家が指摘し同情 松山苦戦続きはクラブの“浮気癖”も一因

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年4月16日 12時0分

ウッズの復活優勝で幕を閉じたマスターズ。V圏内から早々と脱落した松山英樹はウッズと10打差の32位に終わった。 ドライバーショットとパッティングに苦しむ松山は、2017年の全米オープン(2位タイ)以降、メジャーでは見せ場がない。ツアー優勝も同年のWGCブリヂストン招待が最後だ。マスターズの最終日にはテレビ解説の中嶋常幸から「そろそろ専属コーチをつけることを考えてみたら」と言われていたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング