衆院補選10年ぶり敗戦濃厚 “戦犯”甘利選対委員長に「責任論」

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年4月19日 9時26分

21日に投開票が迫った衆議院の補欠選挙。大阪12区と沖縄3区でともに劣勢の自民党では、早くも“戦犯”探しが始まっている。真っ先に名前が挙がるのが、甘利明選対委員長だ。URを巡る口利き疑惑で失脚、裏ガネ問題を引きずる人物を引き立て、重用してきた安倍首相は庇い切れるのか。 ◇◇◇ 大阪12区の補選では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング