帰国後バタバタで35位T発進 今平周吾に“マスターズかぶれ”の徴候

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年4月19日 12時4分

【東建ホームメイトカップ】 メジャー出場が吉と出るか、凶と出るか……。 初出場のマスターズでカットラインに3打及ばず予選落ちした今平周吾(26)が、火曜日夕方に帰国して慌ただしく水曜日に会場入り。初日は2アンダーの35位タイ発進だった。 日本人選手がメジャーでプレーすると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング