四回に主力3人交代で猛批判 ヤクルトが試合を“捨てた”深刻チーム事情

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年4月20日 12時0分

首位を走るヤクルトが物議を醸した。 5―13のボロ負けを喫した18日の阪神戦。四回の攻撃を終えると、バレンティン、青木宣親、山田哲人の主力選手3人をベンチに下げた。これに「プロは興行。ファンをバカにしている」と批判の声が出たのである。 そもそも、主力3人をベンチに下げたのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング