増税延期だけじゃない 自民・萩生田幹事長代行は“問題発言”連発だった

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年4月20日 15時0分

「6月の日銀短観で、この先は危ないと見えてきたら、崖に向かってみんなを連れて行くわけにはいかない」――。18日のネット番組でこう発言し、消費増税の延期の可能性を口にした自民党の萩生田光一幹事長代行。党内外から批判を浴び、きのう19日、「個人の見解を申し上げた」と釈明に追われた。 あの麻生財務相が「日銀短観という言葉を知っていたか」と皮肉るほどだったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング