豊洲市場“黒い粉塵”問題 東京都のお粗末清掃で汚染水まみれに

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年4月21日 9時26分

建物内に浮遊する「黒い粉塵」から高濃度の有害物質が検出され、大問題となっている豊洲市場。東京都が粉塵除去のための清掃で重大ミスを犯し、仲卸店舗内が汚染水まみれになっていたことが分かった。 都は13日午後、5階建ての仲卸売場棟を移動するターレ(小型トラック)のスロープにたまった粉塵などの清掃を実施。水圧で汚れを除去する高圧洗浄機を使用した結果、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング