写真

金足農・吉田輝星(左)は地方大会から1517球投げた(右上から下に、賛成派の原田監督、小林監督。央上から下に、反対派の中井監督、関口監督)/(C)日刊ゲンダイ

高校野球の球数制限問題、現場はどう考えているのか。 昨年末、新潟県の高野連が今年春の県大会で1試合100球の球数制限を実施することを発表した。高野連は「部員数が20人以下の加盟校が全体の約4分の1を占める現状では、投球数制限に踏み込むのは慎重であるべき」などの観点から、全国で足並みを揃えて検討すべきと再考を求め、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング