FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年4月23日 9時26分

【メジャーリーグ通信】 開幕から1カ月が経過したが、オフのFA市場で売れ残った超大物ダラス・カイクル(前アストロズ)とクレイグ・キンブレル(前レッドソックス)の所属先が決まっていない。 カイクルは15年のサイ・ヤング賞投手。キンブレルは現役最多の333セーブをマークしている大クローザーである。年齢もまだ31歳と30歳でこれといった故障もない。それなのに失業状態に陥った第1の要因は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング