周囲は太鼓判でも…伊調馨「アジア女王」返り咲きへの課題

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年4月24日 12時1分

女子レスリング日本代表が22日、アジア選手権(23日開幕=中国・西安)に向けて出発。4連覇を達成した16年リオ五輪以来、2年8カ月ぶりの国際舞台を踏む57キロ級の伊調馨(34)は「しっかりと学んで今後に生かしたい」と、優勝で東京五輪代表がかかる来年の世界選手権を見据えた。 今大会には、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング