衝撃の日銀リポート 10年後“地銀6割が最終赤字”に怨嗟の声

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年4月25日 9時26分

国内借り入れ需要の減少が現状のペースで続いていけば5年後の2023年度には2割強、10年後の28年度には6割近くにも上る地銀が最終赤字に陥る――。日銀が17日に公表した半期に一度の報告書「金融システムレポート」の中で示したこんな試算が、地銀界に波紋を投げかけている。 この試算は人口が緩やかに減り続け、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング