栗原心愛さん事件 性的虐待疑惑で分かった千葉県の“隠蔽体質”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年5月16日 9時26分

父親の虐待で死亡したとされる千葉県野田市の小学4年、栗原心愛さん(当時10)が、父親から性的虐待まで受けていた疑いが浮上した。14日の朝日新聞が伝えたもので、心愛さんが怖がっていたにもかかわらず、県柏児童相談所は保護の解除を決定したという。 記事によると、心愛さんは2017年11~12月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング