9日目から再休場 新大関・貴景勝「休むのは簡単」の勘違い

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年5月20日 12時0分

まるで相撲にならなかった。 休場から再出場を果たした新大関貴景勝(22)が、19日、碧山の立ち合いの変化に屈した。 仕切りから負傷した右ヒザを気にするそぶりを見せていた新大関。立ち合いの当たりをかわされてブレーキをかけようとするものの、右足を滑らせ、体勢を崩してしまう。そこをはたかれ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング