大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年5月20日 12時0分

「行く準備はできていましたが……」 大船渡の佐々木朗希(3年)は悔しさを噛み殺してこう言った。 18日に行われた春季大会の釜石戦。佐々木は4番・右翼でスタメン出場したものの、一球も投げることなく、チームはサヨナラ負けで初戦敗退。東北大会出場はもちろん、8強進出で得られる夏の大会のシード権も逃した。 試合は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング