中日19歳右腕に白星献上 巨人・原監督は「3度目」指揮でも初物が苦手

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年5月20日 12時0分

巨人がまたも「初物」にやられた。 19日、中日先発の高卒2年目右腕・清水達也(19)と初対戦。巨人打線は初回に幸先良く2点を先制したものの、その後は追加点を奪えず、5回を89球4安打2失点の好投を許し、ホームでは初白星となる今季2勝目(0敗)を献上した。清水は「連敗を止められて本当に良かった。攻撃の皆さんがいっぱい打ってくれて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング