評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年5月22日 9時26分

大船渡の佐々木朗希(3年)が18日に行われた春季大会の釜石戦で一球も投げずに初戦敗退したことで、プロ球界に波紋が広がっている。 佐々木は4番・右翼でスタメン出場したものの、投球練習すらしなかった。複数のプロのスカウトによると、4月のU18合宿の紅白戦で163キロをマークした後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング