2018年度は50社で過去3番目の多さ…不適切会計“高止まり”裏側

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年5月23日 9時26分

政府が平気でデータ偽装や公文書改ざんに手を染める国だから、民間企業のガバナンスも緩くなるんじゃないのか。「不適切な会計・経理」を開示した上場企業が2018年度も依然、高水準であることが東京商工リサーチの調査で分かった。 不適切会計を開示したのは50社で、昨年度(64社)よりは減ったものの、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング